トップ / 痛風の激しい痛みについて

快適な毎日の為の情報

痛風の痛みについての基礎知識

痛風は男性に多い症状ですが、その原因は血液中の尿酸が多くなりすぎ、結晶となってしまうことによるものであるということが分かっています。この病気に発作が起こった場合、その痛みは風が吹いただけでもいたいと表現されるほど強烈なものとなることが多く、激しい痛みに襲われることになります。この痛風は食習慣にも関連していますが、体質的な要素も非常に多く、尿酸値が7.0を超えているのであれば一度は病院で相談をするべきであると言えるでしょう。薬物療法によってコントロールした方が良い場合もあります。

痛風とプリン体の関係

痛風は激しい痛みを発症する病気で、成人をすぎた男性が多くかかる疾患になります。初期のころは数日で痛みが治まることがあるのですが、発作を繰り返すことで症状が悪化していきます。プリン体を摂取することによって尿酸が血中に蓄積して高尿酸血症になり、関節などが炎症をおこします。暴飲暴食などをする人ほど痛風になりやすいので、食生活の見直しが重要になります。プリン体を多く含む食べ物は、ビールなどのアルコール・白子・豚レバーなどになるので控えるようにすると良いです。投薬治療で尿酸値を下げることができます。

痛風 プリン体改善したいならこちらを。
できるだけ、摂取しないほうが良い食品の一覧や尿酸値を下げるおすすめサプリなどを御紹介しているサイトです。